米下院金融委員長:GEやハーレーは金融部門分離の必要なし

米下院金融委員会のフランク委員 長(民主、マサチューセッツ州)は、銀行業を統括する規則を見直す なかで、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)や二輪車メー カー米最大手のハーレー・ダビッドソンなど金融部門を抱えるメーカ ーには同部門の保持が認められるべきだとの考えを明らかにした。

同委員長はインタビューで、産業融資会社(ILC)として知ら れる金融部門やローン事業を既に保有する企業は、製造業事業への連 邦準備制度理事会(FRB)の監督を受けることなく、そうした部門 の維持が可能であるべきだと述べた。

フランク委員長は「FRBは規制当局として、産業界の多くの活 動に責任を持つことを懸念している」と指摘。「問題解決に向けて、と もに取り組む」意向を示した。

オバマ政権は、1社の破たんがより広範囲の市場や経済に打撃を 与える可能性を減らすため、金融業界の規制強化を目指している。フ ランク委員長は今週、下院で関連法案を10月までに通過させ、年末 までに成立させる計画を明らかにしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE