米イリノイ州の一般財源債を「A」に格下げ-フィッチ

格付け会社のフィッチ・レーティ ングスは29日、米イリノイ州の一般財源債(191億ドル)を「AA-」 から「A」に2段階格下げした。その理由としてフィッチは、同州の 新会計年度予算が財政赤字補てんで借り入れに依存し過ぎているこ とを挙げた。

「A」の格付けは10段階ある投資適格級で上から6番目。フィ ッチはこの日の発表文で、格付け見通しを「ステーブル(安定的)」 と、これまでの「ネガティブ(弱含み)」から引き上げた。格付けは 4月9日に見直しの対象となっていた。

イリノイ州のパット・クイン知事(民主)は2010会計年度が始 まって2週間余りの16日、260億ドル規模の予算に署名した。予算は、 35億ドルの借り入れを経費の支払いに活用し、過去2年間に積み上げ られた37億ドルの財政赤字には対応していない。

フィッチのアナリスト、カレン・クロップ氏とリチャード・ラフ ァエル氏は「成立した予算は一時的な収入、とりわけ借り入れ活用へ の依存度があまりにも高く、これは今後の均衡予算実現が引き続き困 難になる要因となろう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE