【FRBウオッチ】米経済「極寒の夜明け」-クレバスに落下も

バーナンキ米連邦準備制度理 事会(FRB)議長は21日に開かれた下院金融委員会の公聴会で、 「景気には安定化への暫定的な兆候が見られる」と指摘、景気後退 の谷に接近しているとの認識を示した。マクロ経済統計も急速な下 降の後、底入れをうかがう態勢にあり、議長の発言を裏付けている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。