三菱電:4-6月期は純損失82億円も、営業黒字は確保

三菱電機が30日発表した4-6 月期連結決算(米国会計基準)によると、世界的な不況に入る前の前 年同期に553億円の黒字だった純損益は、82億円の赤字に転落した。 産業用メカトロニクスの損益低下や、出資先である半導体会社ルネサ ステクノロジの赤字が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。