コンテンツにスキップする

米シティCEO:現在アジア訪問中、顧客らの信頼回復目指す-関係者

米銀シティグループのビクラム・ パンディット最高経営責任者(CEO、52)は今週、香港とシンガポ ール、マレーシアで従業員や顧客との会合を重ねている。事情に詳し い複数の関係者が明らかにしたもので、アジア太平洋部門の責任者だ ったアジェイ・バンガ氏の退社後の信頼感回復が目的。

パンディットCEOの予定は公開されていないとして匿名で語っ た同関係者によると、同CEOは今週早くに香港を訪問後、29日にシ ンガポールを訪れた。金融危機で傷んだ資本修復と450億ドルの公的 資金返済に向け、同CEOはシティに好機を提供するのは海外市場だ として国際的な事業拡大を推し進めている。

同社の広報担当、アレックス・サミュエルソン氏はインタビュー で、パンディットCEOが「従業員や顧客と連絡を取り、事業を実施 するため」にアジア地域を訪問中だと述べたが、マレーシアでの予定 の詳細は明らかにしなかった。同CEOは同国の首都クアラルンプー ルで30日、シティの支店網拡充を発表する会見を開く予定だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE