ドルの準備通貨としての地位は今後も「基本的に安泰」-ハンク教授

米ジョンズ・ホプキンズ大学の スティーブ・ハンク教授(経済学)はドルについて、今後も引き続き 世界の準備通貨としての地位は「基本的に安泰」との見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。