カナダ・ドル:対米ドルで続落、原油安で上げ「一服」-2年債上昇

29日の外国為替市場では、カナ ダ・ドルが米ドルに対して続落。株安に加え、原油と銅相場の下落に 圧迫され、10カ月ぶり高値水準から下げた。

スコティア・キャピタルの通貨ストラテジスト、サチャ・ティハ ニ氏は「健全な一服だ」と指摘。「しかし、幾分かリスクも台頭して いる。この数日間、原油と銅相場が下げている」と語った。

今月に入り、主要16通貨のなかで米ドルに対して最も上昇して いるカナダ・ドルはトロント時間午後4時7分(日本時間30日午前 5時7分)現在、前日比0.8%安の1米ドル=1.0899カナダ・ドル (1カナダ・ドル=0.9175米ドル)。前日は1.0814カナダ・ドル。 前日は一時、昨年10月3日以来の高値となる1.0750カナダ・ドルま で上昇する場面もあった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比5.8%安の1バレル=63.35ドル。銅先物相場も下げ、ともに在庫 増が重しだった。原材料は同国の輸出収入の5割以上を占め、原油は カナダ最大の輸出品目。

カナダ国債市場では、2年物国債(表面利率1.25%、2011年6 月償還)の利回りが4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下し、1.28%だった。価格は8セント上げて99.95カナダ・ドル。

-- Editors: Dave Liedtka, James Holloway

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Chris Fournier in Montreal at +1-514-940-6476 or cfournier3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE