米ボーイングの長期債務格付け、「A+」から「A」に引き下げ-S&

米格付け会社スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)は29日、米航空機メーカー、ボーイングの債務格付けを引き下げた。 航空会社から受注のキャンセルや延期が相次いでいるほか、次世代中型旅客機 「787(ドリームライナー)」で開発の遅れが続いていることが要因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。