米ビザの4-6月期:73%増益、カード利用の拡大が追い風

電子決済ネットワーク世界最大手、 米ビザが29日発表した2009年4-6月(第3四半期)決算は、前 年同期に比べ増益となった。支払いにクレジットカードやデビットカ ードなど各種カードを利用する消費者が増えたことが寄与した。

発表文によると、純利益は前年同期比73%増の7億2900万ドル (1株当たり97セント)。前年同期は4億2200万ドル(同51セン ト)だった。特別損益を除いた調整後の1株利益は67セントと、ブ ルームバーグがアナリスト24人を対象にまとめた予想平均(65セン ト)を上回った。

ビザと同業2位の米マスターカードは、株価が年初から25%余り 上昇。消費者の買い物や社会保障手当などの公的給付に、現金や小切 手の代わりに電子決済の利用が増えたことが背景にある。ビザによる と、1-5月の個人消費は年率1.8%減少したものの、今年に入って から同社の決済件数は増えている。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのアナリスト、トーマス・マ クロハン、レオナルド・デプロスポ両氏は、20日付の調査リポートで 「ビザはデビットカード市場のシェアで強力な主導権を握っているこ とから、現在の景気下降局面において競争力で大いに優位に立った」 と指摘した。両氏によるビザの投資判断は「買い」。

業界ニュースレター、ニルソン・リポートによると、クレジット カードやデビットカードなど各種カードによる決済は、2012年まで に米国の購入代金全体の54%に達する見通し。2007年時点では50% 未満だった。

ビザの29日株価終値は、前日比48セント(0.7%)高の66.78 ドル。年初からの上昇率は27%と、S&P500種株価指数(8%)を 上回っている。決算発表は同日の通常取引終了後だった。

-- Editors: Rick Green, William Ahearn

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Peter Eichenbaum in New York at +1-212-617-5722 or peichenbaum@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rick Green in New York at +1-212-617-5804 or rgreen18@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE