ボリンジャー氏:FRBの規制権限拡大を、経済認識の変更が必要

米コロンビア大学のボリンジャ ー学長は、金融規制の失敗を受け、米国は経済に対する認識を変える 必要があると主張。米連邦準備制度理事会(FRB)の権限拡大でそ れが実現できるとの見解を示した。

ボリンジャー学長は28日のインタビューで、司法制度を模範に した独立した規制当局が書面による決定を発令すべきだと提唱。「間 違いがあれば前例を変更すべきだ」と述べた。同学長は憲法学者で、 ニューヨーク連銀の取締役を2006年以来務めている。経済危機に ついては「公的規制の巨大な失敗」と表現した。

同氏は過剰なリスクに対する警告役として、議会や「経済活動に 従事している人に依存すべきではない」と指摘。政府の中ではFRB が「システムの外に位置する」ふさわしい独立組織であるとの認識を 示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE