米連銀報告:大半の地区で6-7月の景気後退ペースが減速

米連邦準備制度理事会(FRB) が29日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によると、全 12地区連銀の大半が6-7月の景気減速のペース鈍化を報告してお り、米リセッション(景気後退)の最悪期は終わりが近いことを示 唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。