独ポルシェ:通期税引き前損失、最大50億ユーロを想定

ドイツのスポーツ車メーカー、 ポルシェは29日、2009年7月通期の税引き前損失が最大で50億ユー ロになるとの見積もりを示した。同社は先週、欧州最大の自動車メー カー、独フォルクスワーゲン(VW)による買収で合意。これに絡み VW株に転換されるオプション関連の費用を計上するもようだ。

ポルシェは発表文で、カタールの政府系ファンドを含む投資家グ ループと現金決済オプションの売却に向けた「交渉が進展している」 と表明した。同社はこの日監査役会を開いた。

発表文では「現行の交渉を踏まえると、簿価ベースでかなりの資 本損失となり、その分バランスシートの評価額減少につながることが 予想される」と述べた。

フォルクスワーゲンは23日、ポルシェとの統合に合意。一方、 カタールの政府系ファンドはVW株式の17%を取得し、VWの3位株 主になる。ポルシェの監査役会は増資で少なくとも50億ユーロを調 達する計画を承認し、VWとの統合の一環としてカタールの政府系フ ァンドと資本交渉に入ることを認めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE