ビッグス氏:S&P500は22%高1200に、日本株に妙味

米ヘッジファンド、トラクシ ス・パートナーズを運営するバートン・ビッグス氏は、景気が回復 するのに伴い、S&P500種株価指数が現水準から22%上昇して 1200に達するとの見通しを示した。同氏はまた日本株について投 資妙味があると述べた。

ビッグス氏はブルームバーグラジオとのインタビューで、「私 はまだ強気だ。レンジ相場になっており、現在は上限まで3分の2 上げた水準にある。レンジの上限は1200前後だと考えている」と 語った。同氏はモルガン・スタンレーでチーフ・グローバル・スト ラテジストを務めていた。

同氏はまた、米企業のコスト削減が奏功し、個人消費と住宅市 場の回復に伴い利益を押し上げるだろうと指摘した。

日本株の投資妙味

ビッグス氏は日本の経済成長は来年加速する可能性があると指 摘、日本株には投資妙味があると述べた。同氏はまた、来月の総選 挙後の新内閣は景気回復に向けてより効果的な政策を実施するだろ うとの期待を示した。

同氏は「新内閣には古い顔ぶれもいるだろうが、何か新しい政 策を打ち出すだろう。個人消費の回復に本気で取り組むはずだ」と 述べた。

原題:S&P 500 May Climb 22% as Economy Rebounds,

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE