PIMCOのクラリダ氏:米経済、第3四半期にはプラス成長復帰へ

債券ファンド運用最大手、米パ シフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の戦略 アドバイザー、リチャード・クラリダ氏は29日、米経済が7―9月 (第3四半期)にプラス成長に戻る公算が大きいとの見方を示した。 ただ、リセッション(景気後退)が終わったと判断するのは時期尚早 の可能性があるとしている。ブルームバーグテレビジョンとのインタ ビューで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。