印ヒーローホンダ:4-6月期は83%増益-二輪車販売が好調

インド最大の二輪車メーカー、ヒ ーローホンダが29日発表した2009年4-6月(第1四半期)決算は、 純利益が前年同期比83%増加し、市場予想を上回る伸びとなった。販 売台数増加が寄与した。

発表資料によれば、純利益は最高益となる50億ルピー(1株当た り25.04ルピー)を記録。前年同期は27億3000万ルピー(同13.66 ルピー)だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト9人の予想中 央値では46億3000万ルピーと見込まれていた。売上高は前年同期比 34%増の381億ルピーとなった。

銀行が融資基準を緩和したほか、インド株式相場が4-6月期に 四半期としては17年で最大の上昇となったことが消費者心理向上に つながった。ヒーローホンダの「スプレンダー」と「CBZ」の販売 は25%増加した。ヒーローホンダにはホンダが26%出資している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE