新型インフル:妊娠しているとリスク高い、死亡例の8分の1-研究

妊娠中に新型インフルエンザ(豚 インフルエンザ)に感染すると生命にかかわる合併症を引き起こす恐 れがあり、できる限り早く抗ウイルス剤による治療を受ける必要があ ることが、米疾病対策センター(CDC)の研究から分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。