JR3社:景気低迷と豚インフルのダブルパンチで第1四半期大幅減益

東日本旅客鉄道(JR東日本)、 東海旅客鉄道(JR東海)と西日本旅客鉄道(JR西日本)の第1四半 期(2009年4-6月)連結業績が28日に出そろった。主力の鉄道事業 は、景気低迷や豚インフルエンザによる出張や旅行の抑制などが響き、 各社大幅減益となった。景気刺激策の一環による高速道路料金の割引も 鉄道事業にはマイナス効果となったようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。