Jパワー:中国電と新会社-20年代に石炭ガス化導入へ

電力卸最大手Jパワーは29日、中 国電力と共同で石炭ガス化複合発電(IGCC)の実証実験を行う新 会社を設立すると発表した。中国電力の大崎発電所(広島県豊田郡) 内に実験用の発電設備(出力17万キロワット)を建設し、2020年代 の技術導入を目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。