米リーマン:次は美術品を競売へ、景品に続き-100万ドル確保か

ポップアートの巨匠、ロイ・リキ テンシュタインの1982年の作品「自由の女神」は、かつて米証券会社 リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのオフィスの壁を飾ってい た。11月に競売され、同社に約3万ドル(約282万円)をもたらす見 込みだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。