米国債発行規模の見通しを28%下方修正、景気改善で-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グ ループは、今年度(2008年10月-09年9月)と来年度の米国債発 行規模の見通しを28%下方修正し、計約2兆9000億ドルとした。 景気が改善していることが理由。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。