ホンダ:4-6月期の純利益96%減-販売減少や円高で

国内2位の自動車メーカー、ホン ダが29日発表した第1四半期(2009年4-6月期)連結純利益は前 年同期比96%減の76億円だった。主力の四輪車販売が減少したうえ、 為替が円高で推移したことも響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。