野村:6四半期ぶり黒字、金融市場安定で第1四半期114億円

国内証券最大手の野村ホールディン グス(HD)が29日に発表した第1四半期(2009年4-6月)連結決 算(米会計基準)は純利益が114億円となった。金融市場の安定化を受 けて株式・債券の引き受けや投信販売が好調となり、リーマン・ブラザ ーズ買収関連負担をカバーして6四半期ぶりに黒字を回復した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。