日立電線株急落、電線・ケーブル下振れで通期業績計画未達の可能性

日立電線株が一時前日比5.9% 安の301円と急落、東証1部の値下がり率上位に入る。28日午後に 発表された第1四半期(2009年4-6月)業績は想定通りとして同 日の株価の反応は限定的だったが、この日はアナリストから通期業績 は未達の可能性があるとあらためて指摘され、業績警戒の売りが優勢 となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。