独SAP:09年の営業利益率見通しを上方修正(Update1)

経営管理ソフトメーカー最大手、 ドイツのSAPは29日、人員削減効果を反映して2009年の営業利 益率見通しを上方修正した。一方、ソフトウエアや関連サービスの売 上高予想は引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。