日本の外貨準備活用した緊急融資も財源に-IMFのウクライナ支援

国際通貨基金(IMF)が28日発 表したウクライナへの33億ドル(約3100億円)の融資支援の財源と して、外貨準備を活用した日本政府による最大1000億ドル(約9兆円) の緊急融資制度から約20億ドル(約1900億円)が初めて拠出された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。