北京市:新たな金融地区整備へ-国家開発銀などから8300億円の融資

北京市は28日、中国国家開発銀行 などが提供する600億元(約8300億円)の融資により、新しい金融地 区を整備する計画を発表した。2008年の五輪以降で最大の不動産プロ ジェクトとなる。

発表資料によると、麗澤金融商務区の整備に国家開発銀行は109 億元の融資枠を供与することで合意した。5.25平方キロメートルの建 設予定地は市中心部の天安門広場から約8キロの場所にあり、人民銀 行(中央銀行)や銀行監督当局などが拠点を置く市西部の金融街の南 に位置する。

この日調印された契約によると、中国工商銀行(ICBC)、中国 農業銀行、中国建設銀行も各80億元を融資する。

北京市の吉林副市長は記者会見で、「五輪建設で築いた礎を基に、 北京を世界的な金融センターにする」と述べた。政府は昨年の夏季オ リンピック開催で推定700億ドル(約6兆6100億円)を投じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE