コンテンツにスキップする

アジア株:下落に転じる-鉱山株が安い、商品相場下落を嫌気

29日午前のアジア株式相場は下落。 商品値下がりを背景に鉱山株が安くなった。JFEホールディングス とキヤノンの株価目標が引き上げられたことから、鉄鋼株と電機株は 上昇している。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時56分現在、前日 比0.2%安の110.28。上昇銘柄と下落銘柄の割合は3対4。同指数は 前日までの11営業日で13%上げ、2004年1月以来の長期上昇局面と なっていた。

-- Editors: Darren Boey, Nicolas Johnson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Patrick Rial in Tokyo at +81-3-3201-3773 or prial@bloomberg.net; Kotaro Tsunetomi in Tokyo at +81-3-3201-2089 or ktsunetomi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE