NZ中銀:政策金利2.5%で据え置きか、景気回復の兆しで-30日発表

ニュージーランド(NZ)準備銀 行(中央銀行)は30日の政策決定会合で、政策金利を2カ月連続で 据え置きとする見通しだ。同国では、住宅市場と企業景況感の回復が リセッション(景気後退)終息を示唆している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。