DNA株が値下がり率首位、アバター不振で業績未達を警戒

ディー・エヌ・エー株が大幅反落 し、東証1部値下がり率で首位となった。利益率の高いアバター関連の 売り上げが減少し、第1四半期(2009年4-6月)の利益が大幅に落 ち込んだ。足元の業績の急激な悪化を受け、アナリストからは通期業績 の未達を警戒する声が相次いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。