債券相場は小幅高スタート、米長期金利低下や国内株安で買いが先行

債券相場は小幅高(利回りは低 下)。東京先物市場の中心限月9月物は、8銭高い138円41銭で取引を 開始した。前日の米国債市場で長期金利が低下したことに加えて、日経 平均株価が下げて始まっており、先物市場でやや買いが先行した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。