東京外為:円が午後強含み、アジア株軟調でリスク回避姿勢くすぶる

東京外国為替市場では、午後の 取引で円が再び強含んだ。アジアの株式市場が軟調に推移しているこ とから、リスク資産向け投資には慎重な姿勢が根強く残り、投資避難 的な円買いが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。