TB利回りが再び低下、銀行は資金余剰で潜在需要-CPも買い意欲

財務省が実施した国庫短期証券 (TB)3カ月物の入札では、落札利回りが4週間ぶりに低下した。大 量発行で需給懸念はくすぶるが、余剰資金を抱えた銀行勢の潜在的な需 要はしっかりしているとの見方が多い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。