債券相場は堅調、米長期金利低下や株高一段落-利回り曲線フラット化

債券相場は堅調(利回りは低下)。 前日の米債市場で長期金利が低下したほか、内外株価の上昇が一段落し ていることが買い材料視された。現物市場では長期や超長期ゾーンの買 いが続き、利回り曲線にはフラット(平たん)化圧力がかかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。