米中対話閉幕:確実な景気回復まで強力な政策継続で一致

米中当局者は28日、景気回復が 確実になるまで両国が景気刺激策を継続すると言明した。

ガイトナー米財務長官は2日間の日程で開かれた米中戦略・経済対 話の閉幕に当たり、「金融システムの修復と景気回復の基盤構築への強 い取り組みを最後までやり遂げることが米中両国にとって極めて重要と の認識で一致した」と述べた。

米中両国は現在の危機以降の展望もにらみ、第2次大戦後最悪の世 界同時不況の要因とされる貿易と投資と不均衡を是正する考えも共有。 オバマ政権は財政赤字削減と家計貯蓄の促進を約束。中国は内需をてこ 入れする方針を示唆した。

ガイトナー長官は同日遅くに米中ビジネス評議会で講演し、中国が 世界的金融危機とリセッション(景気後退)に見舞われた同国経済を前 進させるために「際立って意欲的な改革を実行」していると評価し、米 国には維持可能な基盤固めが必要だと述べた。長官はまた、今週の米中 対話では、両国が「世界を成長軌道に戻すために必要な措置を講じる」 方針を明確にしたことも明らかにした。

問題解決者

同長官はさらに、中国の王岐山副首相が難しい問題に取り組んで解 決策を見いだす「実務家」「問題解決者」であり、「火消し役」だと称 賛し、米国にとって「優れたパートナー」だと評価した。

戦略・経済対話の経済分野の報告書は、米中が「世界的な景気回復 が確実になった後、一段と均衡の取れた持続可能な世界的成長をもたら すことを目指す」方針を示した。

王副首相は米中対話閉幕に際して、当面は景気刺激策が「最優先課 題」だと述べるとともに、両国は貿易保護主義に「断固として反対す る」と表明。米中対話の共同声明は、世界貿易機関(WTO)全加盟国 に多角的通商交渉(ドーハ・ラウンド)の決着を目指すよう呼び掛けた。

米財務省は米中対話の報告書で、米経済は「底入れ」の兆しを見せ ており、今年7-12月(下期)に「成長し始める」見通しであり、中 国経済は既に回復し始めていると指摘。「両国は景気回復が確保される まで強力な政策対応を維持することを確約した」と説明した。

ガイトナー長官は「中国と米国による強力な政策対応が国際金融シ ステムを破たんの瀬戸際から引き戻すことに貢献し、危機的な時期に需 要を支援した」と分析。景気回復が「確固たるものになれば」米国は経 常赤字の削減と個人貯蓄の促進、財政赤字の是正に向けた措置を講じる と表明した。

同長官は貯蓄率の上昇について、より永続的な変化になると予想し、 「われわれは国家として幾つかの厳しい教訓を学んだと思う。教訓の基 本は収入の範囲内でやりくりすることだ。これは国家として最善策であ るとともに、家計レベルでも重要で必要な教訓だ」と語った。

米財政赤字

オバマ政権当局者は前日、世界最大の米国債保有国である中国の代 表に対し、財政赤字削減に向けた戦略を説明した。対中関係の上級調整 役を務める米財務省のレビンジャー氏は記者向けの電話会議で、今年度 に1兆8000億ドルに達するとみられる財政赤字は、将来の歳出削減と 医療制度改革などを通じて「持続可能な水準」に減らすと説明した。

これに関して中国の謝旭人財政相は記者会見で、米国が財政赤字削 減のための「信頼できる」措置を提示したと述べた。

ガイトナー長官はまた、中国が内需主導型の経済成長の促進と「需 要と相対価格の調整を可能にする」政策の追求を目指すだろうと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE