住友鉱:第1四半期純利益は78%減―銅価格低迷と需要減少で

住友金属鉱山が29日発表した第1 四半期(4-6月期)連結純利益は前年同期比で78%減の66億円だ った。銅やニッケルなどの価格下落や、需要低迷による販売減が響い た。2010年3月期の純利益見通しを期初予想である前期比68%減の 70億円に据え置いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。