コンテンツにスキップする

日本株は小幅高、好業績確認のヤフー上昇-決算見据え選別色強まる

東京株式相場は小幅高。オーク ション関連収入が伸び、4-6月期業績が営業増益だったヤフーが急 伸し、親会社のソフトバンクも買われるなど情報・通信株が上昇した。 上場子会社5社を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化する日 立製作所を中心に、電機株も堅調。

ちばぎんアセットマネジメントの安藤富士男専務は、「国内企業 の決算は、同じ業界でも銘柄によっては良い決算、悪い決算が入り混 じっている。基本的にマーケットは、世界景気は今後好転するという ストーリーを見ているが、足元の悪い決算が出れば売られる」と指摘 していた。

日経平均株価の終値は、前日比25円98銭(0.3%)高の1万 113円24銭。TOPIXは同0.23ポイント(0.02%)高の

930.36。TOPIXはかろうじてだが、3月26日以来、4カ月ぶ りに9日続伸となった。

この日の日本株は小幅下落して始まったものの、徐々に先物主導 で下げ渋り、上昇に転じた。もっとも、一時74円69銭高まで上昇 した日経平均は午後に再び下落場面が見られるなど、上値を目指す力 は限定的。高値警戒感から相場全般が方向感を欠く中、投資家は国内 企業の決算発表を受け、個別銘柄の選別色を強めた。

想定以上のコスト削減が進み、2009年4-6月期の連結営業利 益が4.1%増となったヤフーが約半年ぶり高値、決算会見で4-6月 期損益が想定より上振れた、と経営陣が指摘した日立製作所など業績 面で好材料の出た銘柄が買われた。JPモルガン証券は29日付で、 日立の投資判断を引き上げている。きょう決算発表が予定されている 東芝や新日本製鉄なども堅調だった。

米株足踏みや統計控えも、鉄鋼は午後下げ

証券ジャパンの大谷正之副部長は、「国内企業の決算発表本格化 を受け、業績の良い銘柄とその周辺銘柄を買おうとする動きが出てい る」と指摘。ただ、米株式相場が足踏みしている上、週末に米4-6 月のGDP(国内総生産)など重要経済指標の発表を控え、「全体相 場は大きく上昇しにくい」との見方を示した。

半面、朝方は高かった鉄鋼株は午後に下落転換した。新日本製鉄 は午後1時30分、鋼材需要の急減などを背景に4-9月期の最終損 益の赤字幅が拡大する見通しとなったと発表、株価も急速に下げ基調 を強めた。日新製鋼が、2010年3月期の最終赤字幅が拡大する見通 しと午後に発表したこともマイナス要因。

このほか、コンテナ船の運賃下落などから27日に通期業績予想 を下方修正した商船三井などの海運株の下げも続き、国際商品市況の 下落が嫌気され、国際石油開発帝石など資源関連株の一角も軟調。個 別では、4-6月の利益が大幅に落ち込み、KBC証券が投資判断を 引き下げたディー・エヌ・エーが値下がり率1位。分析システム機器 の販売の落ち込みなどで、6カ月累計(1-6月)業績予想を減額修 正した堀場製作所が急落。

東証1部の売買高は概算で19億4570万株。2営業日連続での 20億株割れは今月6日以来。騰落銘柄数の状況は値上がり739、値 下がり807。東証業種別33指数は12業種が上昇、21業種が安い。

新興3市場は堅調

国内の新興3市場は軒並み堅調。主要3指数はいずれも下落して 始まったものの、すぐに上昇転換してプラス圏で推移した。ジャスダ ック指数は前日比0.6%高の49.89、東証マザーズ指数は同1%高 の455.67、大証ヘラクレス指数は同0.3%高の616.64。

個別では、内装工事の受注が堅調で、10年3月期業績予想を上 方修正したエムティジェネックスが反発。テレビ事業の出荷数量が増 え、09年12月期利益予想を上方修正したザインエレクトロニクス が大幅反発した。オンコセラピーなどバイオ関連株の上げも目立った。 半面、27日に09年12月期(6カ月の変則決算)の連結最終損益が 赤字転落する見通しを示したトッキが続落。第一興商、アルゼが軟調

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE