S&P:09年4-6月期の証券化格付け、発行額で33%減

米格付け会社のスタンダード&プ アーズ(S&P)が2009年4-6月期に格付けした日本の証券化商品 の実績は、発行額ベースで前の年を33.5%下回った。昨年秋以降に深 刻化した金融危機の影響で証券化コストが重しになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。