損保Jと日本興亜:統合比率1対0.9、経営は共同CEO制

来年4月に経営統合を予定している 損害保険ジャパンと日本興亜損害保険は29日、統合比率を1対0.9とす ると発表した。共同最高経営責任者(CEO)制を採用し、社長兼CE Oには損保ジャパン佐藤正敏社長(60)、会長兼CEOには日本興亜の 兵頭誠社長(64)が就任する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。