米財務長官と中国副首相:「一段とバランス取れた」経済成長目指す

米中の当局者は28日、世界経済 の持続的回復および一段とバランスの取れた経済成長の時代に向けて、 貿易や投資の隔たりと所得格差を解消することを目指すと表明した。

ガイトナー米財務長官と中国の王岐山副首相はワシントンで開い た戦略・経済対話2日目の討議で、金融システム強化と貿易障壁の回 避の必要性で一致。王副首相は米国に対し、中国の資産の安全確保と ドルの価値の安定維持を要請した。ガイトナー長官は中国側に対し雇 用創出と経済成長への取り組みを求めた。

ガイトナー長官は2日目討議の冒頭、「米国と中国は経済問題で、 必ずしも合意しないかもしれないが、戦略・経済対話は意見の違いを 縮め、共通の利益を強化する土台となる」と指摘した。

米中当局者は貿易障壁や人権、市場開放などの問題で過去に緊張 した両国関係の円滑化を目指している。中国は世界最大の米国債保有 国。

王副首相は会議の冒頭、「現在のような厳しい時代には、一段と協 力しお互いに助け合うべきだ」と強調。米中がリセッション(景気後 退)を克服し、「予測可能で確実な経済成長」を達成できるよう両国の 協力を強化することが対話の目的だと述べ、両国経済が安定し始める 中でも景気刺激策は「依然として優先課題だ」との認識を示した。

同副首相はまた、「国際金融危機の最悪期は過ぎたが、まだ多くの 不確実性がある」とも述べ、「世界経済の回復には依然として厳しい課 題が残っている」と語った。さらに、中国は「金融改革と金融セクタ ーの開放を推進」し続けると述べた上で、米側には対中技術輸出規制 の緩和と中国の投資家に対する「公平な対応」、米国にある中国の資産 の「安全確保」を強く求めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE