SF連銀総裁:米国債への需要は引き続き力強いと予想

サンフランシスコ連銀のイエレン 総裁は28日、米国債への需要が引き続き「力強い」だろうとの見解を 示した。米財務省は今週、過去最高となる1150億ドル(約10兆8800 億円)の国債入札を実施する。

イエレン総裁はアイダホ州での講演後、記者団に対し、その理由と して「世界的に貯蓄率は非常に高く、民間の発行体との競争は極めて弱 い」ことを挙げた。

財務省はこの日、420億ドル相当の2年債入札を実施した。これは 1970年代半ばに2年債の月例入札を開始して以来、最大規模。

イエレン総裁は米国債への需要を弱める可能性がある唯一の要因と しては、米国の政策に対する信頼低下を指摘したものの、それが起きる 「理由は見当たらない」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE