欧州株:ダウ欧州600指数が反落、BP幹部の弱気発言を嫌気

欧州株式市場では、ダウ欧州 600指数が前日付けた約8カ月ぶり高値から反落。企業利益が予想 を上回っているものの、英石油会社BPのトニー・ヘイワード最高経 営責任者(CEO)が、戦後初の世界的なリセッション(景気後退) からの回復は「延々と続く」との見通しを示したことが材料視された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。