ガイトナー財務長官:米中は「一段とバランスのとれた」成長を促進

ガイトナー米財務長官は28日、 世界経済を「一段とバランスのとれた」成長期に戻すため、今週ワシ ントンで開催されている米中戦略・経済対話を活用して、両国は貿易 関係を強化し、金融規制を改善すべきだと語った。

同長官は2日目会合の冒頭であいさつし、戦略・経済対話は「意 見の違いを縮小し、共通の利益を高める土台を提供する」と述べた。

ガイトナー長官は「米中両国は建設的なリーダーシップを引き続 き発揮し、世界的な金融安定を担っている機関を支援することにより、 金融危機克服への協調態勢を強化することが可能だ」と指摘。「両国 の金融・経済危機への力強い協働は世界的な問題を乗り切る上で転換 点となった」と話した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Rebecca Christie in Washington at +1-202-654-1273 or rchristie4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Brendan Murray at +1-202-624-1804 or brmurray@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE