グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。中国の景気回復により企業収益の伸びが加 速するとの観測を背景に、ハンセン指数が約11カ月ぶりの高値に上 昇した。

携帯電話サービス最大手のチャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)は4%高。中国の6月の携帯電話加入者数が増えたことが材料 された。中国海洋石油(Cnooc、883 HK)は、油田・ガス田発 見が好感され、2.8%高。国内最大の銀行、中国工商銀行 (1398HK)は3.8%高。中国人民銀行(中央銀行)が、景気回復を 確実なものにするため安定した政策を維持すると表明したことが背景。

RBCインベストメント(アジア)の武田洋二ファンドマネジャ ー(香港在勤)は、市場が勢いを維持していると述べ、投資家は特に 中国経済が力強さを維持するなかでの予想を上回る決算を期待してい ると指摘した。

ハンセン指数は、前日比372.92ポイント(1.8%)高の

20624.54と、終値ベースで昨年9月8日以来の高値を付けた。ハン セン中国企業株(H株)指数は、同1.9%高の12424.58だった。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数が5営業日続伸となった。前 日に新規上場した四川成渝高速公路は下落したものの、政府支出で製 品需要が拡大するとの兆候で、鉄鋼株や再生エネルギー関連が買われ た。

中国の2大鉄鋼メーカーである宝山鋼鉄(600019 CH)と鞍鋼 (アンガン・スチール、000898 CH)は、金属相場高を受け、いず れも8%を超える上昇。同国最大の風力タービンメーカー、新疆金風 科技(002202 CH)は値幅制限いっぱいの10%高。温家宝首相が風 力発電の利用拡大を促したと中国証券報が伝えたことが材料。

一方、上場2日目を迎えた有料道路運営会社の四川成渝高速公路 (601107 CH)は10%安。前日は新規株式公開(IPO)価格の3 倍に上昇していた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比3.16ポイント(0.1%)高の

3438.37で終了。日中はほぼマイナス圏で推移していた。上海、深 セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は、同0.3%高の

3755.82。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏は「相場がバブルである のは明らかだが、政府が流動性に歯止めをかけていないため、株価上 昇はまだ続く可能性がある」と指摘。その上で、「調整局面が始まれ ば、それは強烈な動きになるだろう」と予想した。

【インド株式市況】

インド株式市場では、指標のセンセックス30種株価指数が続落。 インド準備銀行(RBI、中央銀行)がこの日の会合で金利据え置き を決めたことを受け、ICICI銀行など銀行株が売られた。

インド2位の銀行、ICICI銀は2.3%下げた。RBIはイン フレ率が10月から上昇し始めるとの懸念を理由に政策金利を据え置 き、今回の利下げ局面の終了が示唆された。一方、国内最大のトラッ クメーカー、タタ・モーターズは、4-6月期利益が市場予想を上回 ったことから約10カ月ぶりの高値となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比43.10ポイン ト(0.3%)安の15331.94で引けた。取引時間中は前日終値を挟ん だ方向感のない展開に終始した。

ICICI銀(ICICIBC IN)の終値は740.35ルピー。タタ・ モーターズ(TTMT IN)は11%上昇し414.35ルピーと、昨年9月 22日以来の高値で引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比29.9ポイント(0.7%)高の4169.5。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比1.98ポイント(0.1%)高の

1526.03。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比114.20ポイント(1.6%)高の7142.63。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比47.38ポイント(1.8%)高の2624.04。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前日比15.95ポイント(1.4%) 高の1172.38。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比4.13ポイント(0.7%)高の621.96。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比28.00ポイント(1.3%)高の

2237.10。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比36.14ポイント(1.3%)高の

2768.76。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE