インド株(終了):センセックス続落-政策金利据え置きで銀行株安い

インド株式市場では、指標のセ ンセックス30種株価指数が続落。インド準備銀行(RBI、中央銀 行)がこの日の会合で金利据え置きを決めたことを受け、ICICI 銀行など銀行株が売られた。

インド2位の銀行、ICICI銀は2.3%下げた。RBIはイン フレ率が10月から上昇し始めるとの懸念を理由に政策金利を据え置 き、今回の利下げ局面の終了が示唆された。一方、国内最大のトラッ クメーカー、タタ・モーターズは、4-6月期利益が市場予想を上回 ったことから約10カ月ぶりの高値となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比43.10ポイン ト(0.3%)安の15331.94で引けた。取引時間中は前日終値を挟ん だ方向感のない展開に終始した。

ICICI銀(ICICIBC IN)の終値は740.35ルピー。タタ・ モーターズ(TTMT IN)は11%上昇し414.35ルピーと、昨年9月 22日以来の高値で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE