JR東海:7月の新幹線旅客は10%減-豚インフルの影響は沈静化へ

東海旅客鉄道(JR東海)は28 日、東海道新幹線の乗客数が7月1-27日の暫定値で前年同期比10% 減と発表した。景気後退による旅客需要の低迷で9カ月連続の前年割れ となりそうだが、6月の13%減からは持ち直し、豚インフルエンザ感 染拡大による乗客数減少に歯止めがかかりつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。