中国株(終了):上海総合指数、5日続伸-鉄鋼株などに買い

中国株式相場は上昇。上海総合指 数が5営業日続伸となった。前日に新規上場した四川成渝高速公路は 下落したものの、政府支出で製品需要が拡大するとの兆候で、鉄鋼株 や再生エネルギー関連が買われた。

中国の2大鉄鋼メーカーである宝山鋼鉄(600019 CH)と鞍鋼(ア ンガン・スチール、000898 CH)は、金属相場高を受け、いずれも8% を超える上昇。同国最大の風力タービンメーカー、新疆金風科技 (002202 CH)は値幅制限いっぱいの10%高。温家宝首相が風力発電 の利用拡大を促したと中国証券報が伝えたことが材料。

一方、上場2日目を迎えた有料道路運営会社の四川成渝高速公路 (601107 CH)は10%安。前日は新規株式公開(IPO)価格の3倍 に上昇していた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比3.16ポイント(0.1%)高の3438.37 で終了。日中はほぼマイナス圏で推移していた。上海、深セン両証取 のA株に連動しているCSI300指数は、同0.3%高の3755.82。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏は「相場がバブルである のは明らかだが、政府が流動性に歯止めをかけていないため、株価上 昇はまだ続く可能性がある」と指摘。その上で、「調整局面が始まれ ば、それは強烈な動きになるだろう」と予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE