6月の中国生産は好調、トヨタは8カ月ぶり増など-日本の自動車各社

国内外で生産の減少が相次ぐ日本 の自動車メーカーだが、6月の中国の生産は好調だ。6月の中国生産は トヨタ自動車が8カ月ぶりにプラスとなったほか、マツダは4カ月ぶり に増加して海外生産が9カ月ぶりのプラスに転じた。

ホンダは6月の中国生産が前年同月比59%増の5万2940台。上 半期(1-6月)でも11期連続のプラスで過去最高。ホンダ広報の松 浦康子氏は「アコード、フィット、シティの好調が要因」としている。

日産自動車は6月の中国生産が前年同月比44%増の4万7860台 で、上半期でも前年同期比28%の増加。伸び率は6月、上半期とも過 去最大となった。トヨタは6月の中国生産が前年同月比11%増の5万 5585台。マツダもセダンの「アテンザ」と「アクセラ」の販売好調が 寄与した。

中国汽車工業協会(CAAM)が9日発表した6月の乗用車販売 台数は前年同月比48%増と、2006年2月以来で最大の伸びだった。

--取材協力:小松哲也 Editor:Hideki Asai、Takeshi Awaji

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 萩原ゆき Yuki Hagiwara +81-3-3201-8864 yhagiwara1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE