コンテンツにスキップする

英BPの4-6月:53%減益-原油下落や燃料需要後退で

欧州2位の石油会社、英BPが 28日発表した2009年4-6月(第2四半期)決算は、前年同期比 53%減益となった。リセッション(景気後退)に伴うエネルギー価格 下落や燃料需要の後退が響いた。

発表資料によれば、純利益は43億9000万ドルと、前年同期の 93億6000万ドルから減少した。一部項目と在庫変動を除いたベース での利益は、アナリスト予想を上回った。

ニューヨーク原油先物相場は第2四半期に、バレル当たり平均

59.79ドルで推移し、前年同期を52%下回った。天然ガス先物相場 は前年同期比67%下落した。

調整後利益は29億4000万ドルと、ブルームバーグ・ニュース がまとめたアナリスト17人の予想中央値(28億2000万ドル)を上 回った。

BPのウェブサイトによれば、製油事業の利幅は前年同期比約 40%低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE