運転中の携帯メール、事故の確率は通常時の23倍-米バージニア工科大

運転中に携帯電話でメールを打つ と、ドライバーが事故や危険な目に遭う確率が、通常の運転時の23 倍に高まるとの調査結果が示された。米バージニア工科大学交通研究 所(VTTI)が、トラック運転手による実証試験で明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。