昭和シェル:四日市製油所の重油分解装置を24日から再開

昭和シェルは四日市製油所の重油接 触分解装置(処理量・日量6万1000バレル)を24日から運転再開したこ とを明らかにした。18日再開する予定だったが、整備補修に時間がかか った。なお、再開が遅れている重油直接脱硫装置(同4万5000バレル) は今週中に再開する見込み。同社広報担当の宮脇一郎氏が確認した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。